マウスピース矯正で驚異的に歯並びを改善|もう悩み無用

白い歯

虫歯を防ぐ歯のケア方法

白い歯

多くの人が行っているケア

歯のケア用品というと歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス、マウスウォッシュと様々ですが、1番多く使われているのは当然歯ブラシです。朝と晩の1日2回磨く方や毎食後磨く方など、回数や時間帯は人それぞれです。手軽さと爽快感からマウスウォッシュを使う方は多いですが、歯間ブラシやデンタルフロスを使う方は少ないのが現状です。しかし、毎食後磨こうが毎回時間をかけて丁寧に磨こうが虫歯になってしまう人はいます。それは、歯磨きだけでは絶対に磨けない部分があるからです。それが歯と歯の間です。これはどんなに歯ブラシで丁寧に磨いても磨くことは不可能です。実際、歯ブラシだけで落とせる汚れは全体の約6割と言われています。そして多くの人が虫歯になりやすい場所が歯と歯の間です。そういった方に有効なのがデンタルフロスです。歯間ブラシやマウスウォッシュほど利用者も少ないかもしれませんが、デンタルフロスは虫歯予防にとても有効です。

歯と歯の間の汚れを落とす

普段の歯磨きにプラスしてデンタルフロスを使うことで約6割しか落ちなかった汚れが約7〜8割まで落とすことが出来ます。歯間ブラシの方が汚れはよく落ちますが、若い人は歯と歯の間が狭いので、細くて入りやすいデンタルフロスが使いやすいです。好きな長さに切り取れて、歯間ブラシのような枠もないので奥歯など挿入しにくい部分にも入れやすいです。デンタルフロスにはワックスがついてるものとついてないものがありますが、初心者や入れやすさを求める方はワックスがついていた方が滑りが良くて入りやすいです。虫歯ではない健康な歯ならフロスはすんなり入ります。逆に虫歯になって歯の表面が凸凹になるとフロスは引っかかり入りにくくなります。そういった意味でも、デンタルフロスは汚れを落とし虫歯を予防したり歯の状態を把握するのにとても有効です。