マウスピース矯正で驚異的に歯並びを改善|もう悩み無用

白い歯

歯の寿命に大きく影響

歯

歯の内部まで治療を

虫歯を治療したのにしばらくしたらまた虫歯が出来てしまったという場合には、それはきちんと歯磨きをしていなかったからとかそういった理由ではない可能性があります。現在歯の治療において重要視されるようになってきているのが根管治療と呼ばれるものです。虫歯というのは歯の外側だけではなく、内部にまで進行している可能性があります。そして、それは歯根と呼ばれる歯の奥まで達していることもあるのです。その場合は感染した神経部分を取り除き細菌を取り除いて綺麗にする必要があります。これが根管治療と呼ばれる治療であり、この治療を行うかどうかで歯の寿命にも大きく影響されるとされています。それだけ歯の治療において重要なことであり、今後は益々根管治療の重要性が高まっていくことが予想されます。

治療は必ず最後まで

痛みがあったり時間がかかったりすることが多い根管治療は、ついつい途中から行くのが面倒になってしまうことがあります。しかし、実はこの治療中というのはとても無防備な状態でもあるのです。根管治療中は歯の内面がむき出しとなっているので、以前と同じように食事をしてしまうと歯が欠けてしまったり割れてしまったりすることがあります。そのため、根管治療中は出来るだけ強く噛まないようにすることが大切です。また、根管治療中に放置してしまったりすると隙間から細菌が入り込んでしまうことにもなります。そうなるとかえって治療に時間がかかってしまったりするので、出来るだけ早く治療を終わらせるためには面倒だとは思わずに通い続けることが大切です。